若き、料理経験豊富なシェフ イタリアン  DAL1982

2019年3月30日

札幌市中央区に若いシェフが切り盛りするイタリアンレストランです。入り口はこじんまりとした隠れ家的なレストランですが店内に入ると広々とした空間広がっています。

住所:北海道札幌市中央区南6条西22丁目3-39

電話:011-513-1982

営業時間:

11:30~14:00(Lo)

18:00~21:00(Lo)

日曜営業  月曜定休(月曜が祝日の際は火曜定休)

 

テーブル席が4つとカウンター席のゆったりとしたアットホームなお店です。

この日はディナーででお伺いしました。オススメをお聞きして5000円のディナーコースをお願いさせていただきました。

 

ドリンクは手作りのジンジャエールをお願いしました。生姜が絶妙に効いています。甘すぎなくて飲みやすいです。

 

ユリ根のカンノーリ。ユリ根のクリームがたっぷりとチョココロネのような見た目の料理です。ユリ根のクリームがほんのりとした甘さでサクサクの生地の食感とあいます。

 

ルッコラとビーツの葉っぱなど珍しいお野菜の前菜です。

いちごとタコのマリネ。斬新な組み合わせですが相性は抜群。タコは丁寧に下ごしらえされ噛むとシャクっと心地よい食感です。いちごも一粒シェフが農家から直接買い付けるこだわりのいちごです。からすみできれいに皿を彩っています。

 

さらに前菜がもう一品。

北海道の各地のお野菜を蒸したり焼いたり素材に合わせて調理。味付けは塩・コショウ・オリーブオイルのみ。素材がしっかりしているのでそれだけで十分に美味しい。

 

菜の花・赤カブ・紫にんじん・ビーツ、大根、パプリカ、ヤーコン、インカの目覚め

山芋、ごぼう、などです!!

 

道南のアスパラとウニとパンチェッタのパスタ。アズパラの旨味とウニの濃厚な旨味が最高のマリアージュです。

 

 

そば粉のニョッキ。じゃがいもではなくそば粉で作られたニョッキです。あっさりとしたそば粉のニョッキと濃厚なチーズのソースでコクで旨味が増しています。

 

 

 

北海道白糠町のハンターさんから直接買い付けた鹿肉。添えてあるのは北海道で育った『王様しいたけ』です。鹿肉は、血抜きの処理などが適切におこなわれているので臭みが全くありません。しいたけも王様の名前にふさわしく味はもちろん香り、食感がしっかりしています。

 

季節を感じるデザートは2品です。

1つは桜のアイスとブルーチーズのチーズケーキ。桜のいい香りが鼻を抜けます。ブルーチーズのチーズケーキは驚くほどクセがなく食べやすいです。

 

奥さんの方は醤油のアイス・豆腐のパンナコッタ。初めての醤油アイスです。しょっぱいけど甘い。そして醤油の香りがほんわかと香る。美味しい初体験でした。