魚介の美味しいイタリアン店 オステリア ヨシエさん

2019年3月30日

今回ご紹介させていただくお店はイタリアンのお店『オステリア ヨシエ』さんになります。
ホームページを閲覧すると北海道の上磯町出身のシェフでいらっしゃるようです。
漁師さんの家系で魚介類にこだわったイタリアンがいただけるお店になります。

(お店の情報)
住所:北海道札幌市中央区南1東3 大成ビル 1F
電話:011-231-2778
営業時間:ランチ [水〜日]火曜日はディナーのみ    11:30~15:00(L.O.13:30)
     ディナー[火~日] 18:00~23:00(L.O.20:30)
      日曜営業
交通手段: 地下鉄東西線バスセンター前駅6番出口から徒歩1分
      地下鉄東西線南北線東豊線大通駅 徒歩約6分。バスセンター前駅から151m

2018年の11月の中旬にお伺いした際の情報になります。
ランチは3種類のコースがありました。

Pranzoo A. 1500円~   Pranzo B. 2500円    Pranzo C.
3800円お腹の空き具合でや予算で選ぶことができます。この日は、せっかくなのでPranzo Cを注文させていただきました。


1・トマトのパンがゆ

パンを細かく刻んでにトマトと混ぜ合わせたスープになります。舌触りが滑らかなスープです。トマトの酸味が心地よく加減です。ハーブの風味の爽やかですっきりとしたお味のトマトのスープでした。

2・根室のタラのコンフィとマッシュルールペースト

新鮮なタラがシェフの確かな腕により驚きの食感と初めて出会う味付けで驚かされます。
ほのかな塩味以外はタラの旨味がだけを楽しめます。
コンフィという調理方法でオイルで煮てあります。限りなく生に近い絶妙な火加減で調理されておりオイルのしつこさも皆無。火が通っているのかもわからないくらい繊細に調理されています。
この驚きじゃ一度、食して体感してください。

3・パン

サクッとした軽い食感のパンです。香りたかく美味しいバゲット屋さんで出されていてもおかしくないくらいのクオリティーです。

4・ほたてのボレンタ 真狩のゆり根

真狩の美味しい食材で構成された料理にシンプルに塩だけで味付けしてあります。
真狩の大地で育ったユリ根の素材の美味しさはそれだけで十二分でし。
ほたてのボレンタはバターがほんのりホタテの風味がします。
ミルクのスプーマにつけていただきます。


5・北海道産トマトのスパゲッティー二いくら 山わさび

パスタが目の前に運ばれてきました。山わさびの香りがフワーっ香ります。
粒のしっかりした大粒のいくらはアッサリした味付けです。噛むと新鮮ないくらの旨味が広がります。
料金を追加して写真のパスタは量を増やしてもらっています。


6・阿寒のエゾシカスモークロースト

ぶどうのソース。
イチジクのビネグレット。(ぶどうジュースでドライイチジクを煮たもの)
白ごまのビアンコマンジャーレザバイオネソース。
抹茶のお塩。
が添えられていて様々な味付けでエゾシカのスモークローストをいただけます。
スモークの加減がよく香りの良いエゾシカのお肉がいただけます。


7・ほうじ茶のパンナコッタ

ほうじ茶の香りと美味しさが閉じ込められたソースのパンナコッタです。ぷるぷるのパンナコッタがほうじ茶のソースをたっぷりとまとっています。。
和のほうじ茶と洋のパンナコッタの不思議だけど美味しい組み合わせです。


ドリンクは徳光コーヒーさんの美味しいコーヒをお願いしました。

どの料理も素材の良さと味を引き出す為にシェフが魔法をかけているような優しい味の料理でした。

また、機会をみてお伺いさせていただきたいです。

週末の土曜日素敵なランチの時間を過ごさせていただきありがとうございました。